夜間診療の担当医師と病室で内緒の秘め事

あれはまだ私が短大に通っていた頃の話です。
私は地元の病院に急性胃炎による検査入院で、短い期間でしたが入院していました。

担当の先生とは別に、夜間診療のK先生という人がいたのですが、その先生は患者さんを安心させるためか、とても軽い口調の人でした。
私の好きな爽やかなタイプで、冗談が好きな面白い人でした。

で、退院が決まった前日の夜に、その先生が病室まで来てくれました。
びっくりしてお礼を言うとK先生は「寂しいな~」と冗談ぽく言いました。

私が「じゃ握手してください」と言うとK先生は「じゃあお礼にキスも・・・いや冗談だよ」と。
私はK先生と近づけるチャンスは今しかないと思い、握手した手を両手で引き寄せ、キスしました。

先生はその時はかなりびっくりしていましたが、次第にディープなキスになっていき、ハグしてくれました。
K先生の手が次第に私の胸に伸びてきて、私ははじまる・・・と思いました。

私が抵抗しないとわかるとK先生はパンティの上からアソコを撫で撫でしてきました。
K先生は「電気を消すね」と言って、電気を暗くしてくれました。
とっても優しい目でした。

パンティを下ろされ、アソコをペロペロと舐められました。
個室だったのですが、誰がいつ部屋に入ってくるかもしれないというドキドキで、もう気がおかしくなりそうでした。

K先生は舌をアソコの奥まで入れてきました。
それと同時にクリトリスを指でいじってきました。
もう本当に気持ちいいのと恥ずかしいのと不安で、体がしびれるような感覚に襲われました。

私が放心状態になっているとK先生の熱いモノが私の中に入ってきました。
すっごく大きくて、硬くて、熱かったです。
気持ちいいのですが、声を出さないようにするのが精一杯で、もう何がなんだかわかりませんでした。

次第に不安と緊張と喜びが、一気に押し寄せてきて頭の中が真っ白になった頃、先生がイって誰にもバレずに無事エッチを終えました。

今思えば、K先生は何かない限り、誰もこない時間帯だということを知っていたからできたんだと思います。
先生は帰り際で白衣も脱いでたし、仕事終わりの開放感もあったんだと思います。
病室で医師と体験する患者はなかなかいないと思うので、これは私の隠れた自慢です^^

で、実はちょうどその頃、私には彼氏ができていて、その病院にも花束を持ってきてくれたりしたのですが、K先生は彼に全ての面で上回ってました。

別れ際にK先生は「患者とあんな事するなんて初めてだし、信用する人でないとできない・・・。だから誰にも言わないでね」と言ってきました。
最後は「今度食事おごるよ」と連絡先交換をしました。

その後、先生とは一度デートしたのですが、ランチの途中で緊急の呼び出しがあり、急いで食べて仕事に戻っていきました。
お医者さんは素敵ですが、実際に付き合うのは面倒だなと思い、先生とはそれきりです・・・。

(年齢不明:ようこさん)


優良出会い系ランキングはコチラ

One Response to “夜間診療の担当医師と病室で内緒の秘め事”

  1. 匿名さん より:

    エロいよね~

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ